See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気を乗り越えろ!



日経ものづくり(購読誌)に
へら絞りと3次元レーザーで加工する、一見プレスで抜いたような製品等を作る会社の記事があった。

その会社は「株式会社ナガセ」である。
http://www.nagase-shibori.co.jp/


この記事の中に、良い言葉があったので、ここに書いておこうと思う。




不景気は病気と一緒だから治せるもの。

インフルエンザが流行っても自分はかかっていない、いや、かかるはずがない。と言わんばかりに社長は元気だそうだ。


竹が真っ直ぐに伸びるには「節」が必要。

職人技という「伝統的な技術」と3次元レーザーなどの様々な「先端技術」との融合。
伝統的な技術の中に先端技術を取り入れた事を節目として、これから真っ直ぐに伸びて行くに違いない。

と・・・




100年に一度という不況。
不景気は、「病気の時期」であって「節の時期」でもある。
病気は治せるもの。治すもの。
節は作らないと真っ直ぐに伸びない。

人生においても、一生涯順風満帆とはいかないだろう。
泣いたり、笑ったり・・・、転んだり、起きたり・・・






冬は必ず春となる。

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。