See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エラーコード E13


エラーコード:E13(換気が点滅)

うちで使用している10年選手のダイニチ工業㈱(DAINICHI)製のファンヒーターが「ピーピーピー」と悲鳴をあげるようになりました。

それは、「換気をしなさい」というメッセージ(意味合い)のアラーム。
時間をおいて何回かアラームがなった後、自動的に消火します。エラーコードは「E13」

スイッチを入れて点火後、数分でこの症状。

換気の合図なので、窓を開ける。
寒いw
それでも、鳴るww
何故!

これの繰り返しです。


点火して数分でアラームが鳴るし、まだ換気の時間じゃないだろ!と言いながら、またスイッチを入れるwww


どうもおかしいのでメーカーのダイニチ工業㈱のHPへアクセスし、エラーの対処方法を調べてみました。

その対処方法は、これ↓
http://www.dainichi-net.co.jp/support/repair/fh_error/e13.htm

抜粋し、簡単にまとめると、次の通り。

<原因>
1.水やごみが原因で、油フィルターや油受皿内の燃料経路にトラブルが生じ、火力に勢いが無くなり、炎検出が十分にできない。

2.ファンヒーターを使用している部屋で、シリコーン成分を含んだヘアケア製品やアイロン仕上げ剤などを使用すると、 炎検出装置(フレームロッド)に白い粉のような被膜が出来てしまい、それが原因で炎検出が誤作動する。

<対処>
1.油フィルターや油受皿内を清掃する。
  とりあえずマニュアル通りにフィルターの清掃が完了。

でもアラームw

2.フレームロッドの清掃(シロコン成分の除去)をする。
  メーカーに修理依頼との事ですが、自分でも出来そうなもの。
  まずフレームロッドは、どれ?
  googleで画像検索。するとヒット。

  この写真のものを探すべく、分解してみました。
  その状態が、これ↓
  ファンヒーター内部


  そして、問題のフレームロッドが、これ↓
  炎検出装置(フレームロッド)

  写真右側。曲がった針金のようなものです。

  さらに・・・うるさいアラームが、これ↓
  アラーム

  右上の黒くて丸いやつです。(中央に穴)


  写真のフレームロッドは、ヤスリで磨いた後ですが、カバーを取り外した時は、真っ白の状態でした。
  特に下側は、こびり付いていて、なかなか落とす事が出来ず、四苦八苦しながら、ようやく綺麗になりました。

  そして、アラームを消音(正確には、小音)したく、アラームの中央にセロハンテープを貼り付けたら、音は半減。

  しばらく、これで様子を見ることにします。



  あとは、油受け皿の清掃だけ。

  これで駄目なら・・・「お疲れ様でした!」ということになります。
  買い替えですね!

COMMENT

修理してもらいました

お返事ありがとうございます。

給油フィルターなど掃除しましたが直らず、家電製品店に修理にだしました。古いから部品在庫がなければアウトとのことでしたが、20日かかって見積もり出してもらい(そんなにかかったらもう春になるんじゃねーか?と、思いきや、まだまだ寒さは続いてます)
とにかく一万ちょいで、直ってまた使えるようになりましたとさ。

2013/03/02 (Sat) 21:09 | 同じ症状です #- | URL | 編集 | 返信

Re: 同じ症状です。さんw

使えませんね!直りませんでした。
パーツを交換するしかないんでしょう!でもパーツを交換するより新しいヒーターを購入した方が早いかもしれません。
ちなみに、現在ヒーターは使用していません。もっぱらエアコンですね。

2013/02/09 (Sat) 19:14 | カツ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

その後、ヒーターは順調に使えたのでしょうか??

2013/02/05 (Tue) 14:48 | 同じ症状です。 #- | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。