See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親父の捜索願い

恥ずかしながら、我父が行方不明になり、捜索願を出す事になりました。
結論から言うと、発見する事が出来ましたが、詳細を記事にしておきたいと思います。

昨日(23日)は、秋分の日。
お彼岸の墓参りの日です。

例年は、寺から塔婆(とうば)を頂ける時間が15~16時。
前日、私は「明日は何時ごろ行くんだい?」と実家へ電話し、14時半頃迎えに行く事になりました。

当日、14時ちょい過ぎに実家へ到着。
ところが、二人のバイク(原付)がありません。

バイクで行っちまった。
迎えに行くからとあれ程言ったのに・・・

せっかちで短気者の親父ですから、気が向くと、とっとと行動を起こします。
ここ数年、ボケも入ってきてますから、私との電話の事も忘れているのかもしれません。
お袋にも話しましたが、お袋は親父の行動を止める事が出来ません。
バイクで行くと言い出せば、迎えに来る(私が)からと言ったって、目の前に車が無い限り、自分で何とか(バイクで行く)しようとします。
元気な証拠ですが、なんせ歳だし、ボケも入っているので、事故や迷子(行方不明)が心配です。
いくら言っても怒るだけで、ボケには逆効果。「はい!はい!」と聞いて見守るしかないんです。

16時には墓参りが終わっていると予想し、墓まで足を運ぶと花や線香があげたばかりでした。
私も線香をあげ帰宅しました。

18時頃缶ビールをあけ、1缶飲み終わった頃、実家のお袋から電話です。
「親父が行方不明になった」と。

家を出たのが14時とすると、この時点で4時間以上帰ってこないという事になります。

何で2時(14時)半まで待てなかった!?(2時半と言ったのは、親父・お袋だぞ!)と叱りながら、お袋に話を聞くと・・・
親父は、お袋の前を走っていたそうで、途中まで確認出来ていたそうです。
そして橋を渡ったところで姿が見えなくなった。と。この時点で親父とお袋の距離は数百メートル離れていたんだと思います。
お袋は、目的を済ますべく寺へ行き、塔婆をもらい、墓参りを終えて自宅に帰りました。
親父は、てっきり行く道がわからなくなり、帰っているものと思ったそうです。
この時点で大変だと、お袋は警察に電話です。
警官が自宅まで来て、姿・特長を聞いていったそうですが、正式に捜索願いを出すには、警察署まで写真と印鑑を持って足を運ぶ必要があるそうです。

さて、親父は何処へ?

私は、微量ですが酒が入っていますから、自転車に乗って探す事にしました。
自転車なら小回りも利くし、足には自信があります。
痔の悪化が心配でしたが、そんな事構ってられません(^^ゞ
3時間以上、親父が通ったであろう道を、あっちこっち探しました。
弟も車を運転しながら探しています。

携帯電話で話していると、弟が近くにいるので、一度会って話す事にしました。
とりあえず、正式な捜索願を出す為に警察署へ弟に行ってもらいました。

私は、さらに感を働かせながら探します。
自転車じゃ行動範囲が狭いし、バイクじゃ遠くまで行った可能性があります。
3時間も自転車乗ってりゃ缶ビール1缶くらいのアルコールは抜けます。
自宅へ戻り、車に乗り換え、隣町(隣の市)まで探します。

22時半頃、弟から電話。「発見」

予想道り、それほど遠くへは行ってませんでした。
バイクに乗るのは、年に数回。
普段乗っていれば、それほど迷う事はないのでしょうが、北関東自動車道の工事での道路や景色の変化、日々建物だって変化します。
そんな影響もあったのだと思います。


自宅から寺まで約5km
寺から墓まで約2.5km
この自宅から寺までの間で迷ったのでしょう!?
諦めての帰り道で、また迷ったのでしょう!?
寺からは、全く正反対の予想の方向の一つである自宅から約11kmの山沿いの県道でした。
約8時間、この距離を行ったり来たり、本人も疲れた事でしょう!?
そして、親父は倅(弟)から声を掛けられた時、弟が天使に見えた事でしょう!?

弟が誘導し、親父はバイクに乗って、弟の車について行きます。
私も合流し、親父の後ろへつきます。

バイクの運転を代わろうと考えたのですが、親父のバイクの運転は、ゆっくりですが、なんとか弟の車について行けてます。


「お~!悪かったなぁ!」
自宅へ無事帰った時の親父の一言ですが、もはや周りにどんなり心配かけたかもわかっていないボケ老人です。

捜索願の取り下げです。


親父:昭和 5年(1930年)生まれの79歳
お袋:昭和11年(1936年)生まれの73歳
50年以上バイクに乗っているベテランのバイク親父ですが、父母共これを機に、この辺で乗り納めさせてあげたいと考えています。
50年というプライドもあるでしょうし、怪我でもしない限り納得しないかもしれませんが・・・

とりあえず一安心。ホッとしました。
一時は、事故?田んぼの中にでもひっくり返っているか?遠くまで行っていたら捜索も困難・・・
お金も持ってないだろうし、喉も渇いただろう!?腹も減っただろう!?・・・
それより、何より、今自分が何処にいるのかもわからないだろうし、不安で一杯だろう・・・
時間が経つと共に心配が膨らみました。


今後も色々と悩まされるかもしれませんが、大切な親ですから、見守って行きたいと思います。


PS:
懸命に捜索している最中、私の妻は酒を飲みに行ってました。お袋から電話があった後に・・・
只者ではないですね!?

COMMENT

Re: まぶしーははさんへ

まぶしーははさん お久しぶりです。
そして、コメントありがとうございます。

例え、どんな家族であれ、家族は家族。
家族は大切にしたいものですね!

お父様がご無事で何よりでした。
お疲れ様でした。

>懸命に捜索している最中、私の妻は酒を飲みに行ってました
さすがSONOKOさん・・・v-403

ご夫婦仲良くねv-354

2009/09/25 (Fri) 07:38 | まぶしーはは #nmxoCd6A | URL | 編集 | 返信

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。