See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれて初めての手術

昨日(12日)は、痔の手術の日でした。
今、ようやく落ち着いています。

入院・手術。
この言葉に、沢山の方から励ましの言葉を頂きました。
この場をお借りし、お礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございます。

お陰様で「手術は成功!」です(^^)v
先ほど確認が入りましたが、術後の状況も極めて良好だそうです。


さて、その手術ですが・・・
点滴などの詳細まで記事にしてみようと考えましたが、結論を言うと「無理」(^^ゞ
自分の経験として記録を簡単に記事にしておきたいと思います。

私の場合、手術の準備は前日(11日)の21時からでした。
飲まず食わず。
12日手術当日は、まず点滴から始まります。
同時に6時から8時にかけて下剤を2リットル飲み、腸内を綺麗にします。
飲み始めて1時間経たないうちから、排便を催します。
10時頃まで何回トイレに行ったでしょうか!?6回くらい?
点滴君というペットといつも一緒ですw
便は透明になり、水だけ。腹の中には、何にも入っていない状態になります。


手術開始予定の11時のちょっと前に、看護婦(正確には看護師)さんが二人で迎えに来ました。
点滴君は看護婦さんが暴れないようにw持ち、歩いて手術室へ入ります。

カミさんは、手術室前の待合室で手術が終わるのを待ちます。

手術台に乗り、横になります。
二人の看護婦さん、助手の先生?(男性)によって色々な器具を付けられ、手術の準備が始まります。
血圧計・心拍計・・・

ここで看護婦さんが、何かスポーツやってます?と聞きます。
何ですか?ジョギングとかやってますけど。
なるほどね~
心臓が強いんですよ。
どういうこと?
心拍数(安静時)が低いとか。

何故心拍数で、そんな事がわかるのか!?
調べてみるとスポーツ医学というHP↓で、これを確認出来ます。
http://mic.e-osaka.ne.jp/ns-net/magazine/vol.11/asai04.html

要は、成人の安静時心拍数は男子でほぼ65~75拍/分
私の場合、56。モニターに、この数字が見えました。

数字でわかってしまうんですね!?

どのくらい走ってるんですか?
去年は、毎日走ってました。
今でも、週1くらいで走ってます。

すごい!・・・・・運動の賜物ですね!

そんな会話があっての事か緊張がほぐれます。


そして、主治医の先生が登場。

まずは、腰に麻酔。

下半身の感覚が無くなって行きます。

ここで先生から写真を撮ってよいかい?顔も名前も出さないから・・・
いいですよ!
ビフォー・アフターで、私の痔の写真が資料として使われるようです。

手術の最中は、何をどうされているのかさっぱりわかりませんが、微妙な感覚があります。
時折、先生から説明と声が掛かります。

手術室に入ってから約1時間半。
よし、終わりましょう!という先生の言葉の後に、写真見るかい!?
カメラのモニターから痛みの原因だった部分やビフォーアフターを確認しました。

手術台から病室用のベットに移され、待合室のカミさんを横目に病室へ移動です。
私は、麻酔が効いてますから、自分じゃ何も出来ません。

カミさんは、先生から説明を受けます。
しかも、写真をパソコンで見ながら・・・
考えれば図や言葉で説明するより写真が一番わかりやすいですね!?

私は、時間が経つに連れて感覚が戻ってゆきます。
手術中から寒気がありブルブル震えていましたが、電気毛布を掛けて頂いたので、これも治まりました。

息子wに管が挿入されていて、尿は垂れ流し状態。
この管は麻酔が完全に切れるまで抜けないらしい。

17時に麻酔が切れたかのチェックで歩いてみましたが、危なっかしい。
特に足首がぐらつく。

それにしても、息子に違和感。
早く抜いてもらいたい話をしますが最終的に21時に抜いてもらう事になりました。

肛門サマにはガーゼ。パンツの代わりにオムツです。

点滴だけ続きますが、25時ごろ終了!
26時ごろ痛み止めの注射をしてもらいましたが、朝まであまり眠る事が出来ませんでした。


明朝(13日)8時に久しぶりの食事です。
11日18時から食べてませんから38時間振りの食事になります。
食事後、薬(ヘモナーゼ・ロキソニン・ムコスタ・マグラックス)を服用。
鎮痛薬が含まれているので、痛みがほぼなくなりました。

抗生剤などの点滴が続きますが、一日中点滴というのもなくなりペットの点滴君とも暫しお別れ出来ます。

そして、昼食をとっている最中、便を催します。
朝食を食べてからというもの、腹がゴロゴロと活発に動いています。

ガーゼを自分でとり、恐怖の術後一発目の排便です。
出たのは、前日の下剤の残りとガス。痛みはなし。
辛いであろう、本当の一発目の排便は持ち越しです。

今もゴロゴロ。腹は活発。

先生の話では、術後の出血はそれほどないし、胡坐(あぐら)がかけるんだから大丈夫だな!
極めて良好です!
排便後の様子を見ながら、早ければ来週早々に退院日を決めましょう!
・・・と言う事です。

まずは、朝一のティーショット(一発目の排便w)がナイスショットであることを祈ります。


追記:先生から写真をもらって、ここに載せようとも考えましたがクレームがある事を懸念してやめておくことにします(^^ゞ

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。