See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定職活動の合間に・・・

強風の翌日は、「赤城山」がとても綺麗です。
それは、上州の空っ風。
これが吹いている時は、赤城山は雪ですから、次の日の朝天気が良いと素敵なんですね^^
思わず、カメラを。
赤城山@雪


太田イオンの北の道路を車で走っていると、道路南のため池の中に大きな鳥が・・・
思わず、カメラをw
太田イオン北側溜池@白鳥
こんな所に「白鳥」です。


今日、R354を車で走っているとキラッと空に光るものが・・・もしやUFOか!?
・・・と思いきや、しっかり翼がありますw
そうです。飛行機です。しかも3機も。
思わず、利根川の河川敷まで。
どうやらグライダーのようです。しばらく見物する事にしました。

セスナ?で牽引してのグライダー
セスナで引くグライダー

この離陸地点の西から離陸しているのはロープで引っ張っているのか!?
ちょっと気になったので群馬側から埼玉側へ移動です。

どうやら関東学院大学航空部・他?のようで、テスト滑空か!?
離陸準備

車でグライダーを引っ張っているのか!?と思っていましたが・・・
東へ移動してみると、河川敷の中にトラックが・・・。
ウインチを積んだトラック

どうやら、巨大なウインチを積んだトラック(専用車)でグライダーを引いているようです。
グライダーを引いているワイヤーの先端(グライダー側)には小さなパラシュートが付いていて、グライダーからワイヤーが外れた後に、ワイヤーが急降下しないように工夫されていて、パラシュートを引っ張りながらワイヤーを巻いてるイメージで風などの影響も考慮されているのか、ワイヤーの回収にも工夫されています。
ワイヤー+パラシュート

グライダー本体に費用がかかっていそうですが、こう言った装備にも費用がかかっている感じでした。

でも、なるほどなぁ~と関心させられましたね(^^ゞ

グライダー グライダー2

楽しそうだし、優雅だなぁ~!と、良いものを見させてもらいました。
怖そうですが、少し乗ってみたい気もしましたね。

ちなみに、この場所:妻沼グライダー滑空場と言うようです。
妻沼グライダー滑空場


それにしても、暇だなぁ~俺(^^ゞ

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。