See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不漁

サンマが不漁・・・そういう話じゃありません(^^ゞ

渓流は9月いっぱいで禁漁になります。
不漁続きの私ですが、禁漁前に、もう一度入渓したいと考えていました。

ここ一ヶ月ほぼ毎日、入渓したい現地の天気を確認↓

それは、八方館の若旦那junさんのブログです。
http://ameblo.jp/jotani/
毎日、天気実況をアップしてくれてます。


雨が降ると・・・濁りが入ると共に水量が増えますから、我フライマンは釣りになりません。

そして数日前、現地の友人Tさんに川の状況を確認したところ・・・、予想通り連日の雨でコンディションが良くない。


しかしながら禁漁まで、残りわずか・・・

今日(27日)は、雨だし明日明後日明々後日は仕事が入っているため実質入渓出来るのが昨日(26日)だけでした。

たまたまですが、夜中の1時頃、孫の泣き声で目が覚めたのをキッカケに、着替えを持って寝ていた時の服装のまま高速道路に乗りました(^^ゞ
太田ICを2時頃IN、長野ICを4時頃OUT
4時半頃には白馬に着いてました。夜中は速い・・・二時間半

いつものコンビニで「釣り券」と「どん兵衛きつねうどん」他を購入
腹ごしらえしていると空が明るくなってきたんで、現場検証w
川の状況を確認です。

松川は、相変わらず白い濁りだし水量が多い気がする・・・
入って失敗するより、平川上流へ移動してみる。
って実は、松川の林道が怖かったりしてw真っ暗だし・・・


平川上流(大きな堰堤の上)を下流から攻めてみる。
今日は、私が一番のようで人は居ない。チャンス^^


魚影はしばしば確認出来る。

私の足元1mから逃げて行く岩魚(15~20cm)。
約10cmの水深、直径2mのプール(プールと言えるかw)から酔っ払っているのかwビックリしたのか(^^ゞ石に何度もぶつかりながら逃げてゆく岩魚(約20cm)。
フライに飛びつくもフッキングしない岩魚・・・



平川の渓相は、松川(左側)と似ている。
堰堤(えんてい・砂防ダムとも言う)が沢山あり奥が深い。

白馬@平川
水はクリアです↑

白馬@平川堰堤
堰堤前の渓相写真↑

林道から川へ入るには、崖を数十メートル下らくてはならない所もある。
人が入っていない(入りづらい)所は、魚影が濃いはず・・・
危険を承知で下ってみる。上がる(戻る)方が大変か!?


しかしながら・・・
魚影も無ければ、当たりすら一つもない~\(_ _;)/~ 降参

戻りは、川を下るしかない。しかしながら水面が光って足元が見づらい・・・
岩とケンカして右ひざ負傷(^^ゞ

時計を見ると10時

もう少し上流も行きたいところ・・・、歩く事は出来るものの右膝の大事をとって、ここで今年の〆納竿とします。

崖を上がって車に戻ると、2台の車が待ち伏せ(^^ゞ
足立と習志野ナンバーだったかな!?4人のフライマンでした。
情報交換をして、手を振りながらサヨナラです。
どしたろ!?釣れたかな?


松川を再び・・・
見るだけです(^^ゞ
いつもは左手ですが右手の川も上流まで見てきました。
右手も悪くない。ただ、入る場所が今ひとつハッキリしない(^^ゞ


しかし、天気だけは「秋晴れ」ってやつで最高の天気でした♪

白馬の紅葉は、もう少しって感じです!

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。