See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親父が倒れた。

数年前、バイクに乗って墓参りへ行った帰り行方不明になった。(このブログにも書いたと思うが)
警察に捜索願いを出し、弟と手分けして探した。
無事発見になったが、一年後、また行方不明になった。
その後、免許証の失効と共にバイクを手放した。

それからというもの年々ボケが進んでしまった。

最近では私の顔すらわからなくなってしまった。
どちらさん?と言われた時にはビックリと共に情けなかった事を思い出す。

年に数度しか実家に帰らなかったんで、俺も悪いっちゃ悪い。
でもな、ボケた親父の顔なんて見たくないというのが正直なところだった。

ボケているわりには威勢がいい親父。
威勢がいいと言うより、何か言うとすぐに怒り出す親父。
次第に誰も寄り付かなくなってしまった。

ここ数ヶ月は、その威勢すらなくなってしまった。
小言で何を言っているかわからないし、歩く速度は、まるで亀。

そして数日前。
実家の電話番号から携帯に着信。
嫌な予感と共に電話に出ると、親父が倒れて掛り付けの近所の医者が来てる。と
大事をとって検査の為、救急車で総合病院。
検査の結果、心、脳に異常なし。ここで私も合流。
入院する事なく帰宅になった。

かかりつけ医の病院へ行き、先生にお礼と状況を確認。

何でも親父は、風呂へ3時間も入っていたそうで、のぼせて動けなくなっていたらしい。
先生や看護師さん(女性)4人で風呂から出してくれたそうだ。
親父は、もちろんスッポンポン。
案外ガタイがいいんで風呂から出すのが大変だったそうで、下着やパジャマも着せてくれたそうだ。
自宅で点滴をした後、総合病院で検査になった。

異常がなくて良かったが、今後は周りの人間が今まで以上に注意をしなければならない。


何年くらい前だろうか!?
以前は、盆栽や庭の手入れを日課にしていた父。
キレイな庭が雑草だらけ。
その庭を見た時、あれ!?やばいな親父!?と感じた。
そんな事を感じて、今年の正月は、孫(父にとってはひ孫)まで実家へ集合してもらった。
しかし、もはや、ヒゲは伸び、髪の毛はボサボサ。
見た目に怖い。
当然ながら、ひ孫も近寄らないw

俺も、将来この親父のように、こんなんになっちまうのか?!
こんなんになる前に元気なうちにポックリいきたいもんだね!

ガキの頃、「人に迷惑をかけるな!」と言っていた父を思い出すが、おめぇーが迷惑かけてんじゃねぇのかよ!
くそったれ!

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。