See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩魚釣り情報@栃木・群馬

先日、熊に遭遇@鬼怒川水系にてというタイトルで記事を書きましたが、釣行中に破損・紛失したWDシューズとランディングネット。
これがないと入渓出来ないので購入検討してましたが、ようやく手元に届きました。

こいつです。


ちなみに、フライフィッシング用品を店頭においているショップが少なく、なかなか試着とか出来ないので困っているところですが、シューズについては靴下などで調整するとして大きめのサイズを発注。
消耗品なので、リーズナブルなもの、そして評判がよいメーカーを選びました。
評判がよいというより評判が悪くないというメーカーというのが正直なところでしょうか!?


ランディングネットについては、格好いいハンドメイドのものとか売っているんですが、もったいなくて使えないので、これもリーズナブルなものをw


とりあえず、これでまた入渓できます。



さて、問題はフィールドです。
今始まった事ではないんですが、魚が激減してますね!
栃木、群馬・・・関東には源流域でさえ魚が居ません。少ないです。
居る所は知ってますが絶対教えません(笑)

ブログやホームページ、そしてSNSなどで「釣行の記事」を書いている人がいますが、その中に・・・
・捕獲した死魚を並べた写真。なかには大小関係なく数十尾の死んだ魚の写真。
・山中でキャンプをしながら、魚を焼いている写真。岩魚の刺身やナメロウを作った写真。
・釣行した川の名前やポイントなどの情報公開
等々

がっかりします。

フライフィッシャーの間では、暗黙の了解でリリースを心がけています。
私もその一人。写真を撮ったら、即、そして、すべてリリースしてます。

恐らく、餌釣り師かルアーマンでしょうね!?
下手な釣り師は、針を飲み込ませてしまって針を外す時に殺してしまう人もいるし。

喧嘩を売っているようですが・・・
特に、源流域に生息する日本特有の天然の岩魚は、リリースしましょうよ!
入漁券を購入してるんだから、文句言われる筋合いはない!というかもしれません。
そりゃ食ったら美味いに決まってます!

でも、その一時だけ。
その後は魚が居なくなります。少なくなります。
そして、必然と釣れなくなります。

持って帰る、もしくは食うとしても、釣った数の1割程度にしましょうよ!
乱獲は、やめましょう!

キノコや山菜も、全部採るのではなく、来年の収穫のために、あえて少し残すという話を聞いた事があります。

釣りを愛する人なら、キレイな魚が好きな人であれば・・・、
乱獲すれば自分で自分の首を絞めるようなものだし・・・、
また、そこで渓魚と会いたければ・・・、
よーく考えましょう!

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。