See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロール

10日(土曜)は出勤日(仕事)だったのですが、休みを頂き、病院へ行ってきました。
これは、以前「副作用」という記事を書きましたが2ヶ月に1度の定期通院です。

その通院の理由は、「健康」という記事に書きましたが「家族性高コレステロール血症」です。

前回(2ヶ月前)の定期通院の際に、採血をし、今回はその結果の状況で、簡単に言うと服用している薬の量を増やしたり、減らしたりするというもの。
で、採血の結果は、前々回から、薬の量を減らした事でコレステロールの数値がアップ(悪玉は、若干高いものの標準値内。総は標準値より高い)しました。
また、左腕の筋肉痛(副作用)は、今も続いています。

先生の診断は・・・
>お酒はどうですか?
若干ですが毎日晩酌してます。

>数値が上がっているんで、薬を量を増やします。
>5mgの一日置き(○x○×・・・の繰り返し)→5mgの2日置き(○○x○○x・・・この繰り返し) に変更です。

筋肉痛はどうなるんですか?

>お酒の量を、減らして下さい。
>一日置きで、どうですか!?

2日置きにしても、1日置きにしても・・・、
酒にしても、薬にしても・・・、
昨日は、飲んだっけ!?と忘れる場合があるんですよね!?先生。

アハハハ

>ま、その辺は仕方ないでしょ!?一日多く飲もうが、一日忘れようが大した問題じゃありません。
という(^^ゞ



ちなみに、運動はしています。
ズボンは、ゆるゆるになりました。ワンサイズ・ツーサイズダウンです。裾をズったり、ベルトを締め直したり・・・
もちろん体重も・・・
最近では、特に久しぶりに会った人には・・・
なんか顔が痩せたね!(もしくは、すっきりしたね!)なんて言われます。
顔だけじゃねぇ~ぞ!って言い返しますが・・・^^



問題は薬です。
これを考えてみると、薬の使い方は、イタチゴッコ。
検査で数値が上がれば、薬を多くし、副作用が出れば減らしたり副作用の原因をさぐる。

それから、どうやら私の場合の副作用は、断定出来ませんがアルコール(酒)にあるのかもしれません。タバコも・・・
若干(ビールで350缶1本~2本、日本酒で1~2合)でも、毎晩晩酌をする。
毎日。これが肝機能を弱くしているのかもしれません。
よく休肝日を週に1度はとりなさいという話を聞きますが、とりあえず最低週に1度は抜いてみたいと思います。
オイオイ(ーー;)一日置きだろ~が・・・(^^ゞ

また、せっかく採血をするんだから、アレルギー(花粉症)も調べられますか?と前回お願いをしていました。
結果は・・・
アレルギーに対しては、若干反応がありますが、気にする程の数値じゃありません。
ひどい人は、この数値より桁が2桁違いますから・・・という。
ほ~^^ いや(^^ゞ



いずれにしても「コレステロールとの闘い」。
こんな事を一生続けなければならないのか!?
お金も掛かるし・・・
ちなみに診断料+薬:約4000円
月に換算して月:2000円也
採血の時は+α


何か、副作用のない良い薬草とかないものか!?
しかも一生続けるというものでなく体質改善的な、1ヶ月程度で治るものとか・・・

どなたか、そんな魔法のようなものを知りませんか!?仮に不味いものでも我慢します・・・。

あぁ!今日も腕が痛~い(T_T)
このままじゃ、ゴルフにも影響する(既に影響してるし・・・)

誰か!助けて~~~

タグ:コレステロール

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。