See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーナメントに行ってきました。

宍戸ヒルズカントリークラブで開催された男子プロのメジャートーナメント「UBS日本ゴルフツアー選手権 」に参戦!おっ間違った観戦(大きな間違いw)に行ってきました。

最終日(6日・日曜)
ギャラリー数:7,836人
この中に混じっていました。

前売り券を4枚持っていて、6・7名に声を掛けたのですが・・・
「行く」
「行きたい」
「行きたいんだけど・・・」

色々な声がありましたが、最終的に2人での観戦になりました。

で、同行したH君。
トーナメントの観戦は生まれて初めて。
車は自分で運転しないと酔うらしく、彼の希望で行きも帰りも運転手。


9時半ごろ自宅まで迎えに来てもらい、R50をまっしぐら。
途中から北関東自動車道を使って約2時間の道のりでしたが無事到着^^

入場するや、早速・・・
このゴルフ場へは初めて来たのでコースレイアウトをよ~く確認。

向かうは、16番ホールのパー3。

アイアンのティーショットを間近で見たかったのですが、ティーショットを打つ選手の正面へはギャラリーが入れないようになっていて選手の後ろ(尻側)から見るしかない状況でした。
しかもギャラリースペーズが狭い。そして日向で暑い。
ここは駄目だ!・・・と15番のグリーン横から、セカンドショットが見える位置へ移動。もちろん木陰^^

この15番ホールは602ヤードのパー5。

アマチュアの世界では、500後半が限度。
602ヤードというのは、私的にあり得ないし、今まで経験もない。

プロの世界では、2オンはあり得るのか!?

やっぱり無理だよなぁ~と話しながら、しばらくここで見物していると・・・

谷原秀人選手がグリーンを外しながらも距離的には届いてきた。
すっげぇ!届くんだ!
続いて同組の小田孔明選手、見事2オン\(◎o◎)/!
イグールはならずも楽々バーディー!拍手

何だこいつ等(←言葉が悪いですが(^^ゞ)ハンパネェ~


良いもの見せてもらった後、17番ホールのセカンドショット地点に移動。

この17番ホールは、485ヤード パー4

ここで、片山・深堀選手らのセカンドショットを見物。

そして、その後続の組。またハンパネェ飛距離を出す選手がいました。

残り約125y と言うことは逆算して、ドライバーのティーショットの飛距離は約360y
ランが30~50yとするとキャリーで310~330y

その選手。15番で2オンに成功した小田選手でした。

セカンドは、恐らくウェッジでしょう!
ピン側ピシャリ(歓声)
そして、見事バーディー!


私が全盛期(一番飛距離が出た)の時、290yのサービスミドルで1オン(OBっぽいんで暫定で打ったボールと最初に打ったボール、二つともグリーン上)。
330yのやはりサービスミドル、これはグリーンエッジまで。
そんな想い出がありますが、せいぜい300です。
ちなみに今は、間違って250y(^^ゞ
今、私の実力からいくと・・・
602yもあると、3つでも乗らない。
技術じゃなくて距離的に無理。
せいぜいパーが精一杯。それもかなり厳しいでしょう!
バーディーなんて奇跡ですね(^^ゞ

やはりプロは一味も二味も違いますね!?
当たり前と言えば、当たり前ですが・・・


偶々、谷口徹選手とキャディーが15から16番へ移動する際に、私達のすぐ前(約3m前)を歩っていましたが、間近で見ると、良い体型しています。
絞まっているし、結構筋肉質。

みなさんそうです。

やっぱ、アスリートは、素敵ですね。


小腹が空いたので、弁当と生ビールを買って、18番ホールのセカンドショット地点で後続のすべての選手を見ながら弁当を頂く事にしました。

その前に・・・ありがとう!弁当屋さん。
私の前のお客で生ビールを残した他、ペットボトル等のドリンクがすべて売り切れ!
売るものがない!とニコっとしながら店員さん。

この暑さじゃ、当然飲み物も売れるでしょう。

生はあるの?と尋ねると・・・(その前に一応、運転手のH君にも「飲んでいい?」と了解を得ました。)
はい!どうぞ!・・・
お客さん。結構です!サービスです!

はぁ!いいの!?

私の前のお客さんまでお金をとっていて、私からはお金をとらない。
飲み物の完売で気をよくしたのでしょう!?

書いたのまずかったかな(^^ゞ

でも、生、幕の内弁当は、ぅんまかったです^^


さて・・・、
プロの飛距離を改めて関心させられましたが・・・、もう一つの見所。
トーナメント特有の深いラフ。

プロは、どう処理をするのか!?

プロも人間でしたね!?
17番ではセカンドショットをラフから池へ入れた深堀選手。

18番では、矢野東選手とSKホ選手。右の深いラフから・・・
目の前でショットを見ていましたが、グリーンを狙わずアプローチを残していました。
でも、ちゃんとフェアウェイの良い所へ!

プロでも無理をすれば失敗する訳で、無理と感じたら、次で勝負を掛ける。
1度失敗(ティーショット)したら2度(同じホールで)は失敗しないように!これがゴルフです。

ある意味、さすが!と拍手。


そして・・・優勝は、星野選手。
星野選手の優勝スピーチも感動しました。

去年は、病気でベットの中。今年は、関係者に見守られながら「優勝!」


注目のハニカミ王子こと石川遼選手は予選落ち。
復活を期待するジャンボ尾崎は棄権。

残念なところもありましたが、良いものを角度を変えて沢山見させて頂きました。


帰り、渋滞を心配しましたが、若干の渋滞で終わり、思ったより早く帰宅出来ました。
北関東自動車は便利ですね^^

運転手のH君。運転お世話様でした<(_ _)>
今後のゴルフ人生、少しは参考になったかな!?^^


タグ:トーナメント 宍戸ヒルズカントリークラブ UBS日本ゴルフツアー選手権

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。